メンズ用眉カラー ~似合う眉色の見つけ方~

眉の形を変えると、顔全体の印象が大きく変わりますが、
形と同じくらい印象が変わるのが眉の色です。
髪や瞳、肌、眼鏡のフレームなどとバランスが取れる色味にすると、一気に垢抜けます。
逆に、眉の形はとてもよく似合っているのに、眉の色で損をしてしまっていることもあります。
洋服を例にあげると、体型的に似合う洋服だったとしても、
どんな色を身につけるかによって印象がガラリと変わってしまうのと同じです。
眉の色が変わると、顔全体に華やかさや清潔感などを加えることもできます。

飾り枠

似合う眉色の見つけ方とは

眉色は髪や瞳の色と同じか、少し明るめにすると失敗しません。もし、今、眉に違和感があるとしたら、髪も瞳も明るいのに眉毛だけが黒々しいからかもしれません。髪を染めていないのに、染めているように見られることがある場合、眉毛の色が髪や瞳の色と同系色になっているかどうかをチェックしてみてください。思い切って、眉にカラーリングをする方が全体的に馴染む場合が多いです。

髪は黒いけど、眉の色を明るくしたい場合は、最初は1トーンだけ明るいブラウンにしておくと始めやすいでしょう。逆に金髪のようなハイトーンカラーの場合は、暗めの眉でしっかり顔が締まるようにした方が収まりがよくなります。

また、髪にカラーリングをされている男性の場合、アッシュ系で赤みが少ない髪色でしたら、同様に赤みが少ない眉カラーを選ぶと馴染みます。逆に、赤みのある色の髪色なら、やや赤みを帯びた色味にすると違和感がありません。

さらに、マスクやトップスの色に合わせるとお洒落感が増します。例えば、白いマスクや明度の高い上着の時にはやや茶色い眉、黒いマスクや明度の低い上着の場合は暗めの眉などにすると、トータルでバランスがよくなります。

その他、春夏は明るめ、秋冬は暗めなど、季節によって眉の色を変化させていくと、一層お洒落が楽しめます。男性でも、マッシュヘアなど、女性のように前髪を重めに作るヘアスタイルにしたり、ヘアカラーをされる方が増えています。自分に似合う眉色は一色ではありませんので、色々と試して、その時にベストな色味を見つけて楽しんでください。

眉カラーとはどんな施術ですか

眉毛にカラーリングを行う施術です。ヘアカラーが一般的になった昨今では、美容室でカラーをする際に眉毛も一緒にカラーリングする方も増えましたし、セルフで眉を脱色される方も多くなりました。

基本的に、美容室での眉カラーは髪色と同じカラー剤を使用しますので、毛が生えている範囲と長さの違う眉毛と髪とでは、同じカラー剤では色の出方が違って見えやすくなります。また、セルフでブリーチされると、脱色のみとなりますので、黄色味を帯びた仕上がりになりやすく、時間の経過と共に金色に近い状態になっていきます。

眉の専門店で行う眉カラーは、髪や瞳、眼鏡などの色とのバランスを考慮した施術を行います。サロンによって、色味の展開の仕方は異なりますので、事前にどのようなカラーができるのか確認することをお勧めいたします。

眉毛の成長スピードには個人差がありますが、約1ヶ月程度は眉カラーを楽しむことができます。ただし、眉毛を短く切り揃えていたり、太眉を細くしていたりするなどの場合は、持ちが悪く感じることがあります。

セルフで行うブリーチとの違いはどういう点ですか

眉毛の色を明るくするために、セルフでブリーチを行う方が増えましたが、ブリーチ剤はその名の通り、ブリーチを行うだけですので、脱色状態となります。日が経つにつれて、明るくなっていき、最終的には眉毛が金髪状態になってしまうこともありますので、注意が必要です。

カラーリングは色を変えていく施術となりますので、暗めから明るめ、色味もアッシュ系やグレージュ系など、いろんな色が選べます。脱色のみではありませんので、日数が経過してもハイトーンになり過ぎることはまずありません。

サロンで行う眉カラーの場合、ブリーチ施術でも眉カラーとうたっているところもありますので、カラーリングなのかどうかや、色の選択肢の幅がどれくらいあるのかなどを予め確認しておくと失敗がありません。

持ちはどのくらいですか

眉毛が伸びるスピードは個人差がありますが、眉カラーは約1ヶ月程度楽しむことができます。ブリーチよりカラーの方が持ちがよいと感じるのは、明る過ぎない色味だからです。また、退色のスピードも遅いため、眉毛が伸びて根本が黒くなってきても、気になりにくい特徴があります。

眉毛は毛先ではなく、根本から伸びてきますので、徐々に眉毛の根本が黒くなっていきます。カラーリングした眉毛がその上に乗っているような感じになります。

眉カラーはブリーチほどではありませんが、やはり退色していきます。その原因となるのが、クレンジング剤や洗顔フォーム、石鹸などとの相性です。男性でも、日焼け止めやファンデーションを塗る方は、クレンジング剤を使用されていますが、眉カラーと相性のよいものは、オイルフリー、無鉱物油や石油系界面活性剤無添加で泡タイプのクレンジング剤です。オイル、クリーム、ミルクタイプのクレンジング剤は眉カラーには向きません。コットンでこすり落とすような水クレンジングも摩擦による衝撃でカラーが退色しやすくなりますので、お勧めできません。

洗顔フォームのみを使用される場合は、男性用の洗顔フォームには鉱物油や石油系界面活性剤などが入っているものがほとんどです。眉毛が乾燥して、退色の原因になりますので、なるべく先述したような、無鉱物油や石油系界面活性剤無添加、オイルフリーなどの眉カラーに適した洗顔フォームを推奨いたします。石鹸は眉カラーとは相性がよくありませんので、使用されないことをお勧めいたします。

施術前に準備しておくことはありますか

眉カラーは眉毛にカラーリングを施していく施術となります。施術時には眉付近の肌を覆うように保護クリームを塗布していきますが、日焼けをされていたり、飲酒をされていたり、皮膚の調子が悪かったりすると、トラブルの原因になります。目周りの肌の調子を整えて、ご来店くださいますようお願いいたします。

施術後に気をつける点を教えてください

眉カラーは、24~48時間かけて眉毛に色が定着していきます。綺麗に色を定着させるために、その間は「水」「油」「衝撃」を避けてお過ごしください。男性でも眉メイクをされている場合、擦り落とすようなクレンジングは避けてください。また、クレンジング剤を使用せず、洗顔のみの男性は、眉毛付近が濡れてしまうような洗い方をされたり、油分の入ったスキンケアを行ったりすると、十分に色が定着しにくくなりますので、施術後2日間程度は十分に気をつけてください。
また、施術後2日経過したあとからも、引き続き、カラーの退色を促してしまうような成分が入ったクレンジング剤や洗顔料の使用はなるべく避けてください。

どのくらいの頻度でメンテナンスをすればいいですか

眉毛は根本から少しずつ伸びていきますので、カラーリングを行った部分が上の方に上がり、根本が黒くなっていきます。カラーの持ちは個人差がありますが、約1ヶ月くらいです。

眉毛を長く伸ばしている方の方がカラーリング部分が多くなりますので、持ちがよいと感じられます。逆に、眉毛を短くカットされていますと、少し根本が伸びただけで黒っぽくなりますので、持ちが悪いと感じやすくなります。なるべく、眉毛をカットしたり、抜いたりせずにご来店くださいますようお願いいたします。

毎月連続して眉カラーをされますと、だんだん明度が上がってしまう方がいます。アントスでは、その時の髪色や季節に合わせて、明るくなり過ぎないよう調整していきますので、ご安心くださいませ。

カラー効果を長持ちさせるコツを教えてください

眉カラーの持ちに影響することは大きく分けて2つあります。ひとつは、自眉が伸びるスピードです。これは個人差がかなり大きいですので、眉毛が伸びるのが早い方はそうでない方に比べて、どうしても長持ちさせることは難しくなります。なるべく、眉毛を短く切らずに、眉毛を伸ばしていただくと、根本の黒く生えてきた部分よりカラーリングされた部分の方が長くなりますので、持ちが悪いと感じにくくなります。

もうひとつは、普段使用されるクレンジング剤や洗顔フォーム、石鹸などとの相性によるものです。顔の皮膚に対して良いものでも、毛には適していないものはたくさんあります。顔用の洗顔フォームや石鹸で髪を洗うことは適さないのと同じです。

鉱物油や石油系界面活性剤などが入っているクレンジング剤や洗顔フォーム、石鹸は退色が進行いたします。なるべく、オイルフリー、無鉱物油、石油系界面活性剤無添加などの表記がある優しいものをお選びください。

眉カラーのデメリットを教えてください

眉カラーは眉マスカラを使用しなくても、簡単に眉の色を変えられる美容施術で、男女共にとても人気があるメニューです。ですが、カラー剤を使用することで、眉付近のお肌にトラブルが出る可能性があります。お肌が弱い方や過去にヘアカラーで頭皮に痛みなどが出た方は避けた方が良いでしょう。

黒髪に似合う眉カラーはどんな色ですか

男性の場合、黒髪の方は特に眉カラーは必要ないでしょう。ですが、生まれつき、髪が茶色がかっていたり、眉毛が太く濃い場合は、少しだけカラーリングをして明度を上げた方が清潔感が出せます。アントスには、ビジネスに対応できるアッシュブルーなどの色味のご用意もありますので、カウンセリングでご相談ください。

髪を染めてる男性はその髪色に合うような眉カラーにされると、お洒落度がグッと上がります。アントスでは通常の眉カラーのみではなく、より透明感が出せる外国人風のダブルカラーなどにも対応しておりますので、ご相談ください。

眉カラーと同時に行った方がよい施術はありますか

眉毛が眉頭から眉尻まで、均等に生えている場合は、眉カラー単体でも問題ありません。ですが、左右差が大きかったり、眉尻がないなどの欠損部分がある場合は、眉毛矯正ストレートパーマや眉ティントをお勧めいたします。

眉毛矯正ストレートパーマをかけると、眉毛の毛流れが揃い、より一層きちんと感やお洒落感が出せます。眉毛の1本1本が太かったり、うねりやクセなどがある場合は、毛流れを皮膚に沿わせて整えることで、清潔感が増します。

また、眉の左右差を軽減したい場合は、眉毛矯正ストレートパーマで埋められる場合がありますので、より理想の眉に近づけることが可能です。眉毛矯正ストレートパーマの持ちもカラー同様、約1ヶ月程度ですので、アントスでは毎回、眉カラーと眉毛矯正ストレートパーマの同時施術をされるお客様が多いです。

中には、眉毛矯正ストレートパーマだけで左右差が埋められない場合もあります。その場合は、消えにくい眉ティントの施術を行うことで、まるで眉毛があるように見せられますので、解決しやすくなります。眉ティントの色味は、眉カラーに合わせて調節することが可能です。ご自宅用の眉ティントなども合わせて用意されていると、足りない箇所に自由に眉メイクを加えることができます。男性の場合、一般的な眉メイクより、マジックインキのように使用できるティントペンの方が使いやすいとご好評をいただいています。
眉毛は顔の印象を大きく左右する大切なパーツです。ほんの少し角度や形が違うだけで、顔立ちや人格まで変わったように見えます。眉の左右差や生え癖、薄眉、まばら眉などは自分では解決しにくく、一般的な眉サロンでも難しい場合が多々あります。眉毛のお悩み解決を専門としているサロンで相談されることをお勧めいたします。
  • まつげエクステ
  • まつげカール
  • 眉スタイリング
  • ブライダルメニュー
  • まつげと眉のサロンケア

ご予約

口コミを見る

採用情報

選べるAntosクオリティ

  • まつげの写真集
  • 施術の流れ
  • スクールサイト
コンテンツ
  • 施術ポリシー
  • サロン情報
  • メンバーシップ会員特典
  • ギャラリー
  • サロンオーナー挨拶

PAGE TOP